夢弦 mugen 

ニコン24-70mm f/2.8E VR と24-70mm f/2.8Gの比較

•AFは、ニコンは新型(E型)が50%速くなったと言っているが、テストでは、新型が少し速いが、違いはわずかだ。旧型もAFは速く、正直言って新旧2つのレンズのAF速度の違いはあまりよく分からない。
•手ブレ補正は望遠端で1/8秒で、60-70%の成功率だった。
•(36MP機のピクセル等倍の比較で)画質は、中央はどちらのレンズもほとんど同じだが、隅は旧型は開放では甘く、旧型をF4に絞って新型のF2.8と同程度の画質だ。F8ではどちらのレンズもシャープだが、それでもなお、新型の方が若干シャープだ。
•倍率色収差は、旧型の方が良好だ。
•周辺光量落ちは、24mm開放では新型は隅の落ち込みが顕著で、徐々に落ちるのではなく隅で急激に周辺光量が低下する。望遠側でも周辺光量落ちは改善せず、新型は開放時に非常に目立つが、それ以外の絞り値では平均以上の性能だ。
•歪曲は、広角端では新型と旧型で差は見られないが、望遠端では新型の方が歪曲が大きい。

これは面白い、まさにVRの便利さが画質を損ねている結果だ
一般的に言えることであるが、そうでもないときもある
これは作ってみないとわからないのはメーカーも知っている
完璧なものは無いので、何を優先順位にするか
ここのところNikonも経営が苦しいようで、廉価版を出すとクレームが多くある
コストを下げたところにしわ寄せが来たということ
カメラもレンズもそうだけど、資産の余裕のあるメーカーは強い
今年中にNikonはフルサイズミラーレスを出すようだが
どういったもので価格はどうなるのかが、これから将来の行く末を語るだろうと思う
クールピクスAのAPS-Cを作って失敗している経歴がある中で
SONYが、ずば抜けてミラーレスの進化を続けている中、老舗のNikonがどう立ち向かえるカメラを出してくるのか、楽しみです
[PR]
by tarakonoko | 2015-10-05 13:36 | Comments(0)
<< SONY,Eマウントのフルサイ... 久しぶりにリス >>



ギターはMartin、カメラはSONY  byたらこのこ